「働き方改革」どこまで進めていますか?

日本アイデックスの働き方改革サポート

資格検定アウトソーシング

社会的背景もあり、「過重労働対策の強化」は今後の人事戦略策定の中で不可欠なファクターです。労働時間の上限規制が行われることは確実で、労働時間管理は更なるレベルアップが求められています。

迫りくる2018年問題サムネイル画像

2018年4月に労働契約無期化がスタート、同年10月に人材派遣における最初の3年上限を迎える事となり、多くの企業様において課題解決に向けた対応が必要となると想定されます。