情報セキュリティ基本方針

当社は、ビジネスプロセスアウトソーサーとして、お取引先企業様および関係者様へ安心・安全をベースとしたサービスを継続して提供するために、情報セキュリティ管理を経営の最重要事項と位置づけております。

当社は、お客様及び自らの情報資産をあらゆる脅威から保護するため、以下の情報セキュリティ基本方針を策定・実践し、情報セキュリティの確保に取り組んで参ります。

  1. 業務上取り扱う情報資産について、その重要度に応じた適切なセキュリティ対策を講じます。
  2. 業務プロセス毎のリスクに応じた体系的なリスクアセスメントを実施します。
  3. 情報資産の取り扱いに関する各種規程を策定いたします。
  4. 年度毎に情報セキュリティ目的を設定し、目的の達成に向けて組織的な取り組みを行います。
  5. 全従業員に対し情報セキュリティ教育を実施し、本基本方針および各種規程の周知徹底と意識向上を図ります。
  6. 情報セキュリティに関する各種法令、要求事項、規制、ルールおよび契約上の義務を遵守いたします。
  7. 内部監査を定期的に行い、本基本方針および各種規程の遵守状況を検証いたします。
  8. 情報セキュリティをとりまく社会状況の変化等に対応するため、本基本方針および各種規程の見直し、追加、削除等を適宜行い、情報セキュリティ管理体制の継続的な維持・改善に努めます。

制定日 平成18年4月1日
改定日 平成29年4月1日
株式会社 日本アイデックス
代表取締役社長 吉田 英治

パーソルグループ情報セキュリティ基本方針

当社およびグループ各社(以下「パーソルグループ」)は、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を掲げ、はたらく人にさまざまな成長の場や機会を提供するとともに、組織の成長に貢献する幅広いサービスを提供します。

パーソルグループは、お客様及び自らの情報資産をあらゆる脅威から守り、そのために必要な情報セキュリティの確保に取り組み、継続的かつ安定的にサービスを提供することが企業の社会的責任であると認識し、これを実現するために本基本方針を定め、遵守します。

  1. 情報セキュリティ体制の構築
    パーソルグループは、保有する全ての情報資産の保護と適正な管理のため、各組織に情報管理責任者を配置し、情報セキュリティ対策をすみやかに実施できる体制を構築します。
  2. 情報セキュリティ教育の実施
    パーソルグループは、全従業者に対し職務や業務に応じた必要な情報セキュリティ教育を実施し、本基本方針ならびに各種規程の周知徹底と情報セキュリティの意識向上を進めてまいります。
  3. 情報資産の保護
    パーソルグループは、保有するすべての重要な情報資産をあらゆる脅威から保護するため、リスクアセスメントと管理策を実行するとともに、リスクの定期的な見直しを行い、必要に応じて改善いたします。
  4. 情報セキュリティインシデントへの対応
    パーソルグループは、情報セキュリティインシデントが発生した場合、迅速に的確な対応を行うとともに、適正な再発防止策を講じます。
  5. 各種法令等の遵守
    パーソルグループは、情報セキュリティに関する各種法令、要求事項、規制、ルールおよび契約上の義務を遵守いたします。違反する行為があった場合には、適正に対処いたします。
  6. 見直しと改善
    パーソルグループは、情報資産の管理が適正に行われていることを確認するため、定期的に内部監査を実施し、その結果を検証いたします。さらに、社内外の情報セキュリティを取り巻く変化を考慮し、情報セキュリティマネジメントシステムを継続的に改善してまいります。

パーソルホールディングス株式会社
代表取締役社長 水田 正道
株式会社日本アイデックス
代表取締役社長 吉田 英治

改定:平成29年7月1日