アウトソーシング導入のちょっと変わった理由

アウトソーシングする目的は業務の継続性!?

企業や団体がアウトソーシングを導入する理由は多岐にわたります。

その様々な理由の中でも勿論、一番の理由は「コストダウン」それ以外では、
「業務効率を・・・」とか「納期を・・・」とか「繁忙なので・・・」とか。

そういった本当の理由をお聞きしながら、最適なソリューションを提案するのが我々の仕事なんですが、
以前、某音楽関連会社がアウトソーシングを検討しているので来て欲しいと言われた時の話をご紹介します。

アウトソーシングしたい業務とは「経理全般の処理」とのコト。
それを聞いた我々も、通常であれば経理という管理部門系のお仕事の大半がコストダウン理由の為、
そう思い込みつつお客様に念の為に聞いてみました。

「御社がこの経理業務をアウトソーシングされる理由をお聞かせ頂けませんか?」と。

「ウチはね、音楽業界の仕事をしているでしょ!?」

「はぁ、そうですよね」

「音楽業界の仕事をしたい!って人は時給1,000円でもやりたいって人はドッサドサ来るんだけれど、音楽業界で経理をしたい!って人は来ないんだよね~」

「はぁ。」

「経理が出来る人を採用しても、人事のローテーションが出来ないんだよね~」

「えっ?どういう意味ですか?」

「企業において、人事のローテーションは大事だよね!?でもウチの経理マンに現場の放送や音楽系の仕事はヤラせられないでしょ?感性が大事なんだから・・。逆に現場の人間を経理にしようとしたら、辞めるか業務がグチャグチャになっちゃうんだよ」

「な、なるほど・・・」

「で、どうなるかと言うと、人事が硬直してしまうし、その業務はその人じゃないと回らない状況になってしまうんだよ」

「そ、そうですか・・・」

「だから、ウチがこの業務をアウトソーシングする目的はコストダウンとかではなくて、業務の継続性なんだよな~」

長年、この業界でやってきましたが、ビックリするアウトソーシング導入の理由でした。

確かに言われてみればそうですね。
専門性の強い会社や業界ほど、こういったケースで悩まれているコトが多いんでしょうね。
お客様にアウトソーシングのコトを教えられた、、、そんなアウトソーサーからの情報提供でした。

※上記内容は弊社の過去の経験に基づき、簡素化した内容となっております。
また、特定のお客様とのやり取りを記載した内容ではありません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー