アウトソーシングのよくある失敗事例③

「予想量」と「実情」の違い

「業務量としては大体月間で10,000件程度、多い時だと15,000件ぐらい。少ない時で8,000件ぐらいですね~」

業務開始から、1ヶ月目3,000件、2ヶ月目2,500件、3ヶ月目2,800件・・・・
「大変申し訳ないのですが、当初お聞きしていた業務量より半分、いや1/3ぐらいの量しか来てないのですが・・」

そうなんです。
お客様の「予想量」は「希望の数量」だったのです。「こうなればいいな・・」

勿論、希望も伝えていただかないと、その数量を処理する場合、処理しきれない・・・
なんて事になってしまいますので。

しかし、希望のみを伺っただけで「実情」をお聞きする事をしなかった我々。。。
お客様の体制からすると、当初1年間は3,000件ぐらいで推移し、
その後に何かしらの策を講じる事によって、数量が増えてくる構造だったのです。

1件当りの単価でのご請求のため、お客様にはご迷惑は掛からないのですが、
我々アウトソーサーでは、その業務量を捌ききれる体制、すなわち人員数、スペースの確保、
資材の準備etcを行なわなければなりません。
予想より1/3という処理量だと、体制の再構築を行なわなければならず・・・。

今回の事例は、お客様の失敗ではなく、我々アウトソーサー側から見た失敗のケースでした。
「聞く」事がとても大事だという、すばらしい勉強をさせて頂きました。

※上記内容は弊社の過去の経験に基づき、簡素化した内容となっております。
また、特定のお客様とのやり取りを記載した内容ではありません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー