アウトソーシング失敗事例からの成功事例

あるべき姿の「社員像」を考える

過去に掲載した記事(アウトソーシング失敗事例①)で、アウトソーシングの対象業務に従事している社員様の気持ちを無視して失敗した事例をお伝え致しましたが、今回はその失敗事例を踏まえた成功事例をお教えします。

(お客様)「社員に内緒でアウトソーシングしたい・・・」

(我々)「なるほど~、社員様たちがやられている業務をアウトソーシングされたい!という事ですね!」

(お客様)「そうなんだよ、だから出来る限り内緒で話を進めたい」

ここまでは前回お伝えした通りの流れですね。しかし・・・

(我々)「お客様、お待ち下さい。アウトソーシングを早くやりたい、社員様に内緒で進めたい気持ちは重々理解出来るのですが、私が以前担当した案件で、同じ様なご依頼を受けて大失敗した経験があるんです!」

(お客様)「えっ?」

素直にお客様にお話をさせて頂きました。以前、我々が体験した出来事、事象を。

お客様も、それを聞いて「少し検討させて欲しい」と。

数日後お客様から連絡があり、

(お客様)「社内でアウトソーシング導入に対する説明をしたいので、暫く待って貰えないか?」

内心では「折角注文したい!ってお客様だったのに、これで話もオジャンになってしまうかも?」と、
良からぬ事を考えてしまっていました。

半年後、

(お客様)「ようやくアウトソーシングに対する準備が整いました。再度話しを進めたいんだ!」

(我々)「喜んで!」

多分、ダメだろう~って思っていたから、嬉しさも倍増。でも何故、準備が整ったのか?を聞かないと!という事でお客様から経緯をお聞きしました。

(我々)「どうやって、アウトソーシングの準備を整えられたのですか?」

(お客様)「あれから社内の上層部と話しをし、どういった役割を社員達に任せたいのか?から意識合わせをしました。あるべき姿の社員像を、上層部と何度も何度も話し合いました。そして、社員達にそのあるべき姿になって欲しい、そういった業務に移行して欲しい!と訴えたのです。ここにかなりの時間を費やしました。予想以上に。。。そうすると、社員達から今の業務を行っているままでは、そのあるべき姿にはなれない。だったら、自分達の業務をアウトソーシングしようと逆に提案が来たのです!」

驚きました。

まさか、自分達の業務を自らアウトソーシングしたい!なんてコトを言ってこられるなんて・・・。
あるんだ!?そんなコト!!

お陰で、我々アウトソーサーに対しての業務方法の伝授は、他のどのお客様よりもスムーズに行き、ビジネスプロセスのアウトソーシングとしては異例な早さでの移行をする事が出来ました。
すべてがすべてこういった事例の様に上手くいく事は少ないのでしょうが、本当に見事なアウトソーシング導入成功パターンだったと思います。

※上記内容は弊社の過去の経験に基づき、簡素化した内容となっております。
また、特定のお客様とのやり取りを記載した内容ではありません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー