アウトソーシングのよくある失敗事例①

ローカルルールを無視して、処理を行なう事は不可能

「アウトソーシングしたい・・・、相談に乗っていただけますか?但し、社員達には内緒なので、貴社にお伺いして話をしたい・・」

こういうお客様、たまにいらっしゃいます。

但し、こういったケースで業務を外部化(アウトソーシング)するには、相当気をつけなければ成功しません。現場の社員様が行なっている業務を、その社員様抜きで業務詳細を把握し、業務フローや処理手順を作成し、見積もりを行なう。。。

殆どと言って良いほど、失敗します。
理由はご想像の通りです。

我々は事務のプロとして数十年、事務処理をビジネスとして様々な処理ノウハウを持っています。
が、会社様ごとに存在するローカルルールを無視して、処理を行なう事は不可能なんです。

では、社員様に対して、「キミ達の業務をアウトソーシングする方向なので、アウトソーシング会社の人に業務を教えてあげてよ!」

ってなると、もう成功率は限りなくゼロ!に近づいてしまいます。

社員様達は誇りを持ってご自身の業務を担当されていらっしゃいます。その誇りを「無視」するかの様な指示を出しても、社員様達は本当の業務内容を教えるでしょうか?

答えはNO!です。
確実に「反発」が起きます。

一旦反発が起きると、アウトソーシングする!どころか、現状の業務もスムーズにまわらない・・・などといった事象にも繋がります。

現場の社員様を最優先に考える

現場の社員様を第一優先で考え、その社員様がいかに重要か?そしてどういったあるべき社員像になって欲しいのか?をじっくりと伝えていただき、意識を醸成する事が大事だと思います。

「あなたは会社にとって重要な人物⇒なので、是非○○○といった業務に従事して欲しい⇒その為には、今の業務を・・」

という流れが出来れば、その後はもう業務の外部化は成功したも同然です。
もし、社員様のやられている業務を外部化しよう!とお考えの方は、是非とも上記のポイントをご検討してみては如何でしょうか?

※上記内容は弊社の過去の経験に基づき、簡素化した内容となっております。
また、特定のお客様とのやり取りを記載した内容ではありません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー