社員の人件費とは?

社員費用=その社員に支払っている人件費?

よく、「社員の人件費と比較して・・・」と言われるコトがあります。
勿論、社員様で行なっている業務をアウトソーシングして、コストを抑えたい!といったご要望です。

しかし、お客様と話をしていると、どうも様子がおかしいのです。
「社員費用=その社員に支払っている人件費(残業代含む)」でしか考えられていないので、
どうしても会話が噛み合わず・・。

「はぁ・・・」「うちの社員は安い給料で働いてるからな~、手取り18万円/月ぐらいか?
だから18万円/月以下じゃないとアウトソーシングする意味がなくなっちゃうんだよね~・・・」

「手取り・・・ですか。(高等テクニックの値切りだとすれば手強いな。。。)」
「賞与とかは試算されないのですか?」

「賞与?ん~、そういやそうだけれど、どちらにしても大した金額じゃないから!」

社員の総人件費は給料の1.5倍~2倍

この場合の社員人件費とは、
法定内福利厚生、法定外福利厚生、賞与、退職金、通勤交通費、管理費(給与計算や各手続事務)etc・・・。
また違った視点で見ると、有給休暇なども含まれると思います。

企業によって違いますが、社員の総人件費は給料の1.5倍~2倍とも言われています。

 是非、「社員様の人件費と比較して・・・」と言った場合は、前述している項目の費用を割り当てる等などをして、試算してみて下さい。

※上記内容は弊社の過去の経験に基づき、簡素化した内容となっております。
また、特定のお客様とのやり取りを記載した内容ではありません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー