矛盾・・・

アウトソーサーがお客様に求められているコト

お客様がアウトソーシングに求めるコト

「コストダウン」

「品質の向上」

「業務の安定性」

「業務の効率化」

「業務の可視化」

「繁忙対応」

「パートナーとしての提案」

などなど、多岐に渡ります。

求められるコトによって、勿論サービスの体制を作らなければいけないのですが・・・
上記の求めているコト=アウトソーサーがお客様に求められているコト

実はここに深い謎?があるんです。

コストダウンを求めているお客様が、アウトソーシングを導入するだけでコストダウンが実現する!
しかし、当然お客様は継続的サービスであるBPOサービスに対して、更なる「コストダウンの要請」を頂きます。
(単なるコストダウン要請ではなく、BPOサービス会社からの提案としてコストダウン出来る方策を実施し、その結果としてコストダウンを実現して欲しい!というご要望)

し・か・し・・・・

現在提供中の費用をコストダウンするってコトは、つまり・・・アウトソーサーからすると、売上が下がること!になるんですよね。(ボソッ)

ここに矛盾が発生します。

お客様満足度を高める為に様々な策を講じて、生産性を高めコストを下げる努力をすると、評価対象のひとつでもある売上が下がることになり、評価としては逆に下がってしまうという矛盾。
売上維持・向上をしようとすると、お客様は費用UPとなってしまい、満足度が下がってしまう。

評価で「売上」の割合が多いと・・・こういった矛盾になってしまいます。しかし売上を評価しないと成長もしない。。。
本当に難しい問題だと認識しています。

※上記内容は当社の実態を説明しているものではなく、あくまでも一般論的な視点からの内容となっております。また上記の事が原因で、当社がお客様に対して不利益を与えていることはございません。ご了承下さい。

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー