会社での愚痴がビジネスに直結する!?

「仕事の愚痴」は宝の山

愚痴と言っても、個人の愚痴などではありません。

普段、

「もっとこういう風にすればいいのに・・・」

とか、

「なぜ、こんな無駄な処理をしてから、次に回さないといけないのだろう?」

とか、

「このアナログの手作業ならAccessか何かで簡易システム化すればいいのに~・・・」

とか・・・。

仕事をしている時、上記のような「仕事の愚痴」を持たれたことはありませんか?

そのような「仕事の愚痴」を個人や部署、組織で変更し、改善していく事って素晴らしいことですよね。でも、その変更を企画し実施していくのは、相当な根気と勇気と努力が必要になるケースが多いのもまた事実だと思います。

しかし、我々アウトソーサーという業種から見ると・・・

「その愚痴、下さい!」

「その愚痴をもっと出して下さい!」

「もっと他に愚痴はありませんか?」

となります(笑)

そうなんです!我々アウトソーサーという業種は、上記の様な「仕事の愚痴」が仕事のタネなのです。
宝の山・・・といっても過言ではありません。

お客様の仕事のやり方について改善提案する!にも使えますし、自社で受託した業務の運営にも使えます。ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)という手法では、お客様とアウトソーサーとの連携がとても重要になってきます。

その連携をスムーズにする為にも、お客様への改善提案は必要なのです!
自社で運営している業務において効率化に繋がる改善を積極的に行うことが、自社の利益に直結してきます。

日々の仕事に愚痴をお持ちの皆様。是非、我々にその愚痴を下さい!(笑)

日本アイデックスのBPOソリューションメニュー